かく、の時間へ。

書、描、学、殻、郭、撹、掴、覚、楽、ぜんぶ、かく。と言う意味。知ってるよりも感じること、知らないじゃすまされないことだってちゃんと感じていたらすまされるから、ものおじしないこと。いっぽ、まえへ。いちにちの中の3時間を、かく、の時間へ。

韻は大事なんだなって思うよ。言いたい放題だとちょっとドリフみたいにおもしろくなっちゃう。しばらくここで、何回も、かくを、交信しようじゃないか。だけど、システムとかは大切よね。ここはクリアにしておかないと!晴れてきた。おでんにしたのに。午後4時は光にオレンジが在る。

今の連続だと案外早く気付くわけでした


雨が降り続いて雪にもなってビジョンのようなものを連想してみたんだけどダメねー貧相な想像力だとなんのイメージもわかないの!夢でさえも妄想でさえも空なんかとべないのだよ、不自由なものね、ダハハ。だからね、この瞬間にハートウォーミングに動くことが一番の近道ね。

彼女は言ったよ。

無垢の境地だね、って。私もそう思うよ。

歯医者で麻酔したんだけど、終わってからそのあと、この口がゆがんだ感覚がおもしろいなと思ってお店でココアを飲んだらだらだらとこぼして、その様子をみていた大学生の顔がおかしくて、吹き出したわ。すみません、とも言ったわ。

強い風がふいて折りたたみの傘が、ひっくり返ってキャーーって言ったら、すぐ近くを歩いてたおばあちゃんが寒いわねーって話しかけてくれて、恥ずかしい気持ちはなくなったのよ、優しさってこういう感じのもあるよね。

だから、この瞬間にハートウォーミングに動くことが一番の近道ね。でもまずはチューニングしてからね。甘いあまいショートケーキで。



今年がなんとなくみえてきて。

4月はイベントがいくつかあって宮崎帰省、5月は岩手、そして新宿展示で、6月は京都ともしかしたら四国で、7月は福岡。その間にどこかで飛騨高山にも行きたい。そうなってくるといろんな仕事が出てくるんだけどね、時間のバランスを決めないようにしている。忘れちゃいけないことはメモしてから、一度忘れてスケジュールも組まないで、まわりからじわじわといろんなことをやって、1日の終わりくらいに全部が整う、という段取りでやるのが好き。その方がやることではなくてやりたいことをやってるって感じるから感も冴える。

だけど、今日やりたい!と思ったことが、明後日くらいになんとかやっと取りかかれる今の時間軸をはずしていかなくちゃー。

久しぶりのリハは楽しかった。一瞬、この人たちの集中している顔が好きだなと思った。いい演奏にならないわけがないって思った。

この感覚でいさせてもらえたらものすごく、いいなと思うのです。

イメージはスクラップブック

いろいろとおためし期間なもので。

ジュゲムの有料システムのものに切り替えた。ゆくゆくは独自ドメインも考えよう。

イメージはスクラップブック。


あのね、いくらでも簡単に現実的なところへは突き進めるの。だけど、自分の想像する最高に楽しい妄想の世界へどれだけ近づけるか、だと思うのね。だから、ぼーっとしてることとか、知らないふりするとか、もう、忘れてしまうこととか、が大事なんだろうなと。自分が思っているよりも、感じているよりももっと、ふわっとした世界にいるからもう少しだけ安心していいんだよ、って言いたくなる。


天井の鏡と、メモにある。

話せてよかったこと思い出せてよかったこと

 

絵にうまいもへたもなくて書きたい動機だけが必要なんだ、とか、ネイチャー感がでまくるとか、藤野に越してしまう友達が話してくれた。

やけに気に入ったよ、ネイチャー感。

いいねぇ、無駄に天邪鬼で。

 

Dance as though no one is watching you,
Love as though you have never been hurt before,
Sing as though no one can hear you,
Live as though heaven is on earth.


誰もみていないかのように踊りなさい
傷つけられたことなどないように、愛しなさい
聞いているひとなどいないかのように、歌いなさい
この地上が天国であるかのように、生きなさい
 

中川正子さんがアメリカで出逢った言葉。こんなに素直に受け入れられた言葉は久しぶりだったから、ここに。